Alcatraz 受刑者 1518-AZ

 

マイヤー・ハリス"ミッキー"コーエン(1913年9月4日-1976年7月29日)は、ロサンゼルスに拠点を置くギャングで、ユダヤ人マフィアの一部でした。彼はまた、1930年代から1960年代にかけてアメリカのマフィアと強いつながりを持っていました。コーエンの受刑者ケースファイルは、彼の時間の間に落書き Alcatraz アトランタとマクニール島連邦刑務所は、インタビュー中にコーエンから直接提供された家族歴史を含む詳細な背景を提供しました。

託された名前COHEN, Meyer Harris 登録番号:1518-AZ 日付:1962年12月13日

センテンスデータ:カリフォルニア州ロサンゼルスに住むこの49歳の居住者は、所得税を逃れ、敗北させようとしたとして、1961年7月1日にロサンゼルスで15年間服役した。彼は直接に Alcatraz 1961年7月28日に、1961年10月17日に控訴債でリリースされました。彼は1962年5月8日に202日間の刑を受けて拘留され、202日に戻った。 Alcatraz 1962年5月14日彼は1967年1月18日に仮釈放の資格があり、彼の強制釈放日は1972年2月14日でした。

社会情報:コーエンは、カリフォルニア州オークランドから兄のハリー・コーエンと、彼らの訪問を交互に行ったネバダ州ラスベガスからガールフレンドのクラレッタ・ハシャゲンから毎月2回の訪問を受けました。彼はまた、彼の弁護士からいくつかの訪問を持っていました。彼はカリフォルニア州ロサンゼルス出身の兄、ガールフレンド、妹のリリアン・ワイマーと定期的に連絡を取り合い、時には友人の安倍フィリップスとエド・トラッシャーと連絡を取りました。彼は著作で非常に多産であり、通信規制違反について何度か警告を受けました。彼は個人口座に335.05ドルを持っていた。

制度的調整:彼は明確な行動記録を持っていたので、優れた良い時間はありません。彼の帰国後 Alcatraz 控訴から、彼は1962年5月24日に衣料品室で勤務義務を割り当てられ、その期間を通してそこに残った。彼の仕事の上司は、誰かが彼が負荷の彼の分け前を運んでいないと思うだろうし、彼の名前に乗っていると思うだろうのを恐れて仕事の分け前をすることを心配していたので、彼は非常に良い労働者であると報告しました。セルハウスでは、彼は役員に対して非常に協力的で礼儀正しかった。彼はセルハウスで最も素っきの細胞の1つを維持し、可能な限り庭に行き、彼の状況によく調整されているように見えました。彼はパックラットになる傾向が大きかっていた。

セルハウスでは、コーエンは良い調整を行い、カードプレイがリストに向かって、多くの活動に彼の時間を費やしたと報告されました。彼は受刑者に迷惑をかけていないし、特別な配慮に値することも観察されなかった。彼は彼らに直面したときに規則や規則に従った。セルハウスの役員は、「この男は、彼に開かれた何らかの手段で彼が望むものを得る傾向がある」と述べました。コーエンはユダヤ人の信仰の一員であり、定期的にそのような奉仕に出席しています。プロテスタントの牧師は、コーエンはいくつかの個々のカウンセリングを受け、より良い調整を行っているように見え、牧師と友好的で協力的であったと述べました。

彼は、機関図書館からの彼の本のローンによると、多くの量を読みました。資料の範囲は、一般的な作品の本、スポーツの本、科学(数学)、詩、より良いスピーチと英語、哲学、旅行、文字、伝記や生物学の本が含まれていました。彼が借りた本は本質的に厳密に非架空のものであったという点に注目される。

入学概要

公式バージョン:検察庁の報告書は、「コーエンは1946年、1947年、1948年の連邦所得税を逃れようとしただけでなく、6月9日に連邦陪審員によって米国財務省の代理人に虚偽の陳述をした罪で有罪判決を受けた。1951年、ロサンゼルスにて。同様の容疑は妻に対して起こされたが、その後、非常に重要な証人の早期死亡後に米国の弁護士の動議で却下された。裁判で証明されたカップルによって減少した総額は約$156,000でした。彼らはまた、1945年の所得税の約5,000ドルを支払わなかったことが判明しましたが、これらの数字は刑事告発の基礎ではありませんでした。

受刑者のバージョン:コーエンは、「私は所得税脱税で有罪判決を受けました。私は控訴債券を待って約8ヶ月間ロサンゼルス郡の刑務所にいます。私はかつて控訴に5,000ドルの債券を与えられましたが、米国地方検事は第9巡回裁判所のデンマン裁判長に、裁判所全体の手に渡すよう求めました。私は本当に完全な出来事を理解していません。私の弁護士は、私が違法に拘禁されていると私に言います。私の債券の申請は第9サーキット裁判所にあります。デンマン裁判長が私に絆を与えた裁判所。私は今日、この施設に到着したばかりで、少し緊張していますが、私は知っている限り説明しようとしました。

その後の声明の中で、コーエンは容疑について無罪であるとコメントした。彼は、各事業会社の最高会計士と会計士を雇い、「所得税に関してサムおじさんをだますな」という厳しい命令を下したと説明しています。彼は、ギャンブルの顧客が所定の金額に賭ける取り決めをしたと説明しています。たとえば、顧客は25,000ドルの場所を望んでいると述べるでしょう。部分は、交互の損益で、様々なイベントに賭けされます。指定された金額が獲得または失われるまで、お金は手を交換しません。彼は自分の信念を名声にとっている。

評価の概要

ミッキー・コーエンとして知られるマイヤー・ハリス・コーエンは、1913年9月4日にニューヨーク市で、ニューヨークに来たロシア・キエフ出身のロシア系ユダヤ人移民のマックスとファニー・コーエンの間に生まれました。彼は、彼の父親がアメリカ化されたバージョン以外の別の名前を持っていたが、それを思い出すことができないと述べています。彼はまた、彼の両親が市民権の書類を取り出したかどうかも不明です。家族によると、彼の父親は1914年に結核で亡くなるまでニューヨークで魚市場を運営していた。

The family shared that his parents were very happy in their marital relationship, very hard-working and industrious. However, Cohen remarked that he never knew his father and that his mother always worked very hard until her recent years when her age and infirmities would not permit. The parental home was characterized by his sister Pauline as being very religious with both parents keeping the Hebrew Sabbath strictly to the letter. Mickey was not yet two years old when his father passed away. She recalls the funeral took place at home and that many friends came to the wailing ceremonies as was the custom of the church. The five children, with Mickey as the youngest, were present. According to the wife and his sister, Mickey did not speak much about the loss of his father but had always been sympathetic towards his mother.

コーエンは、彼の子供時代を説明する際に、彼は彼の母親が彼女の健康のために父親の死後にロサンゼルスに来るためにお金を借りなければならなかったと言われたと述べています。彼の母親と彼の兄と妹の両方がこの間に深刻な剥奪に苦しんでいたと理解されています。彼は彼の父親が彼らに教育を提供したので、彼は他の子供たちが自分自身よりも良い教育を受けたことを覚えています。しかし、コーエンはこの特権を拒否され、他の人と比較して恵まれないという感情を示唆した。彼の回想では、彼は彼の妹リリアンに関連し、これは彼の母親がロサンゼルスに到着した後に家族を養うために働こうとしたとき、彼女は小さな子供として彼の世話をしなければならなかったと信じていました。彼は非常に早い時期に、5、6歳で、現在絶滅した「レコード」、「エクスプレス」、「審査官」の論文をハッスルし始めたと述べました。

家族によると、ミッキーの初期のこの時期に、彼の母親は彼女の健康のためにロサンゼルスに来ました。約5年間、彼女は緊張して病気になり、喉に緊張感があり、自然界でややヒステリックな声のかすれがありました。彼女は到着後にいくつかの臨床治療を受けたと考えられています。ポーリンは9歳のとき,小さなミッキーが責任を負いました。

ポーリンは、彼が管理しやすい子供として彼を覚えています, 彼は早くトイレの訓練を受け、彼は歩いて、早く話したことを.家は母親が設定した例で完璧に清潔に保たれました。彼の妻と義理の妹の両方は、彼が彼の人と彼についてすべてについて狂信的にきれいだったと述べました, おそらくこの初期の訓練に感銘を受けました.彼の母親との関係は出生前の性質の合併症を提示しなかったし、彼は愛され、他の子供たちと同じくらい愛され、望んでいた。しかし、経済的ストレスのために、彼の母親は印象的な年齢の間にミッキーのために多くの時間を持っていなかったし、彼からの彼女の欠席は拒絶感と望ましくない感じでした。感情的な成長は、父親の存在なしに、正常な調整に向かう方向のない生活に貢献する。コーエンは、この時点で、彼の次の年齢の弟が約11歳年上であると関連していました。彼は子供の頃に兄弟の誰とも遊んだり付き合ったりしなかったこと、特にボイルハイツ地区の他の若いニュース仲間と「自分のやり方で戦わなければならなかった」ことを覚えています。 

これらの年月を通して、年上の男の子からの貯蓄で、コーエン夫人は小さな食料品店を購入し、後にレストランを購入し、1日に14時間と15時間働きました。ミッキーはこの間、学校を「特別な学校」、おそらく遅滞児のための学校として覚えて学校に送られましたが、これは検証されていませんでした。彼は読書や書き込みに関して何も学んでいないと述べていますが、12人か14人の子供たちと一緒に、彼は時間を離れて絵を描いて工芸品を作りました。この時、誇りを打ち出し、承認を求め、彼は自分自身にスペル、手紙の書き込み、算術を教えようとする努力を説明しました。彼は学校でどこまで進んだか覚えていない。彼の家族は彼の学年のレベルを覚えていないが、彼は彼が明るい男の子だったという事実を彼に印象づけようとし、いくつかを学ぶべきであることを示したポーリン以外に彼を続けるために彼を説得するために負担に耐えるために負担にあまり負担をかけなかった10歳で自発的に辞めました貿易の種類。彼は他の学校の同級生に関して何の問題も抱えていなかったが、8時か9時に足を骨折し、学校を解雇し、道に迷ったり受け入れられたりするのを妨げた可能性がある。彼は、おそらく社会と家庭の状況に関連して、十分に策定された不安のパターンを通じて、あきらめることによって状況を満たしました。

Cohen stated that he quit school to work and assist his mother. Through a newsboys’ group, he became interested in boxing. He was unable to remember whether or how this activity was first directed, but remembers taking part in newsboy exhibitions at a very early age. Developing this interest, possibly as an unrecognized outlet for childish insecurity and a need for recognition, he related that he became more active in the newsboy boxing cards, which in turn supplemented his earnings. Through the father, the other children had the early opportunity to receive training in the Hebrew school, with the sisters studying piano. Mickey did not have this advantage. He learned the need for money and all it would bring, distorted by the disadvantages in the home situation.

彼が学校を辞めた頃、他の子供たちは家を出て、ソトとブルックリン・アベニューの角で新聞を売り続けました。その時から14歳くらいまで、ニューズボーイズ協会でのボクシング活動で名を上げ、20ドルもの戦いをよくしたことを誇りに思い、しばしばブートレギングクラブで開催されたカードに置かれました。コーエンは、彼がボクシングを続けたニューズボーイズ協会を通じてクリーブランドに行ったと述べました。 

彼の義理の妹、ハリー・コーエン夫人は、彼女と彼女の夫が最初にクリーブランドに来たときに彼を始め、彼を助けようとしたと関連しています。ハリーは当時、ファイトプロモーターでした。コーエンはこの状況とは関係なかったが、アマチュアとして、そして後にプロとしてボクシングをしながら、ソーダジャークとしてハリーのドラッグストアで働いた。彼の時間の多くは、ワークアウトパグ、ギャンブラー、ハンガーオンによって頻繁に行われた体育館の周りにぶら下がって過ごしました。

最初は経済的に成功しましたが、うつ病の出現はすぐに彼の知恵の端に彼を置き、生計を立てています。当時、教育を受けておらず、ボクシング以外のスキルも欠けていた彼の活動はギャンブルに向けられ、ボクシングの際にほぼすべての「パグ」が取り上げる分野となりました。彼は、次の食事がどこから来たのか分からない他の同様の状況のボクサーのグループと識別されました。ボクシングをしている間、彼は良いか悪いかにかかわらず、新聞の宣伝の支持者になったと報じられている。 

この間、彼はまた、彼女のサポートだけでなく、彼女の喜びのために彼の母親にお金を与えました。他の家族関係が近いかどうか、または彼の兄ハリーが彼の活動で果たしたかもしれない部分が確認されています。彼の非行のどれほどが、寛大で慈善的で自己犠牲的な人として彼を受け入れたことを通して、彼を隠すのにどれほど役立ったのだろうかと思うかもしれません。

コーエンは、法律に関する彼の最初の困難は、彼が関連付けた他の失業中のボクサーと一緒に起こったことを思い出します。事件を米国保護観察官に語り直す中で、コーエンは、時折、マネージャーが彼らのために小さな食事券を引き裂く特定のレストランの周りにぶら下がる習慣を形成したと述べました。マネージャーが強盗に遭ったと主張して、彼らにレジの内容を引き渡すスキームが開発されました。その計画を進め、彼は発見され、自白した。コーエンは、彼の部分のために2年間の執行猶予に置かれ、その後、約$140.00の払い戻しを行いました。シカゴに行くと、コーエンはギャンブル活動を続け、裏社会とさらに特定されました。

ロサンゼルスのシーンに再登場したのは1939年。この時から彼の活動と彼らの発展を報告する際の検察機関は、彼が多数の警察の捜査の焦点であったと報告しました。最も繰り返される犯罪は、彼が概説したビジネス方法に同意しなかった人に対する残忍な暴行であるように見えます。コーエン(および彼の部下)を13年間にわたって捜査し、起訴するための資金の公的支出は、合計数十万ドルになります。検察当局によると、1939年11月のロサンゼルス地区でのコーエンの記録は、彼が活動していたブックメイキングの場所でロサンゼルス警察に逮捕され、強盗罪で起訴されたことを示した。1939年11月15日に釈放された。1940年5月、彼は致命的な武器による暴行と浪走のために警察に逮捕された。彼は1940年6月24日に解雇された容疑で釈放された。同年11月、彼は再び警察に逮捕され、11月14日に釈放された。

コーエンはその年の10月にラボン・ウィーバー・コーエン(別名シモーニ・キング)と結婚しました。記録によると、彼女は14歳で娼婦となり、ロサンゼルス警察長官によると、ホノルルでは娼婦とマダムとして活動していたと報じられている。彼女の汚い言葉は、警察署の所持におけるディクタフォンの録音だけでなく、部門の役員の前での彼女の言葉と行動で証明され、彼女の娼婦としての背景を立証する傾向がありました。

Cohen was again arrested by the Los Angeles Police Department in February of 1941 for bookmaking and on July 11th was convicted and received a six-month sentence and a $100 fine, serving his time at the Los Angeles County Honor Farm. Following his release, he was again arrested in September 1941 and held for questioning in connection with the attempted murder of Benny Gamson while under appeal bond on the former offense. In July, 1942, he was arrested by the Los Angeles Police for cutting telephone wires of a racing wire after beating the owner of the services. In February, 1943, he was permitted to plead guilty to a lesser misdemeanor and was fined $200, which he paid. During the next month, he was arrested by the police for shooting craps and fined five dollars. Arrested by the San Francisco police in September, 1944, and charged with vagrancy, he was permitted for forfeit of $1,000 bail and required to leave town. In May 1945, he was arrested in Los Angeles for shooting and killing Maxie Shaman, a competitive bookie, in a bookie joint owned by Cohen. He admitted the shooting, and though there were no direct witnesses, he alleged he acted in self-defense. A complaint was refused by the Los Angeles County District Attorney’s Office and his gun was returned to him upon his release. 

Cohen bragged that it cost him $40,000 to escape this charge of murder. In November of the same year he was arrested by the Los Angeles police on a charge of robbery at a gambling place owned by him. The complaint was refused by the Los Angeles County District Attorney and he was released on November 19th. He was again arrested by the Los Angeles police in January, 1946 on a bookmaking charge, the case was dismissed on February 6th. Cohen, in May, 1946, was one of the suspects questioned and released in the unsolved homicide of Paul Gibbons, a bookie competitor and hoodlum. The investigation made by the Beverly Hills Police Department notes it was rumored at the time that Gibbons was the person who had broken into Cohen’s home on June 16, 1944. At the time, it was the underworld conversation that Cohen had obtained the services of Benny “Meatball” Gamson and George Levinson, two known police characters, to do away with Gibbons. Gamson’s car was placed at the scene of the crime and he was arrested in a complaint from the District Attorney’s Office, which was refused and he was released.

Levinson, also taken in custody, obtained an attorney to represent him but the police were unable to interview him for two days after the killing and then only in the presence of his attorney. Cohen was interrogated and he volunteered information that Gibbons was a stool pigeon for law enforcement officers and had double-crossed several members of the underworld. Cohen stated, “Gibbons was a snitch and was an employee of the Shannon brothers, also known as a Shaman, who Cohen had killed the preceding year. With Gibbons’ elimination, Gamson and Levinson acquired a reputation amongst the underworld as killers and it was reported that they had been given the assignment to eliminate Cohen by rival gamblers and that Cohen found out they had an apartment at a Los Angeles address. On October 3, 1946, both Gamson and Levinson were killed there. It was the general conversation amongst the underworld that Cohen had these gunmen “liquidated.” The Beverly Hills Police kept him under surveillance constantly, questioning him and his guests at frequent intervals as he returned home early in the mornings until he finally moved to West Los Angeles.

1947年6月、コーエンはベンジャミン「バギー」ジーゲルの未解決殺人で尋問され釈放された容疑者の一人であり、その後ジーゲルの利益の一部を引き継いだ。彼は1948年8月に再び容疑者の一人として尋問され、ボディーガードのハリー"フッキー"ロスマンの未解決の殺人とコーエンのギャング、アルバート・スナイダーとジェームズ・リスクの2人の負傷で釈放された。ロスマンは、銃撃の前に数年間薬物の使用のためにダウングレードにあった。コーエンは彼に不信感を抱くようになって、デル・マール・トラックで体重を投げ回したことでロスマンに厳しい殴打を受けた。銃撃後、スナイダーは町を出て、ピッツバーグで最後に報告されました。1949年3月、コーエンと彼のギャングの何人かは、ピアソン氏の殴打で陰謀、致命的な武器による暴行、司法妨害の罪で起訴された。彼は1950年3月7日の裁判の後、無罪となった。1949年7月20日、ニディ・ハーバートはサンセットストリップのレストランの前で撃たれ、6日後に死亡した。コーエンは肩に負傷し、すべての確率で主要なターゲットでした。司法長官室の捜査官ハリー・クーパーとコールガールのディー・デイビッドも負傷した。ハーバートはロスマンの殺害後、コーエンと共に「フーキー」ロスマンの仕事を引き継いだ。6月22日に自宅で彼の人生に以前の試みが行われました。一般的な意見は、コーエンがハーバートに教訓を教えるために銃撃の背後にいた、ハーバートは保安官事務所によって調査が行われている間、彼のガレージにコリンズの弾丸に乗った車を隠していたということです。隠された車の情報は、調査が始まってから約2週間後に流出した。

1949年8月初め、コーエンのヘンチメンの2人であるデビッド・オグルとフランク・ニッコリが姿を消した。彼らは、ブックメイキングのつながりを持つ地元の実業家を暴行したとして、コーエンと彼の他の5人のフードラムで起訴された。オグルとニッコリの証言は、おそらくコーエンと他の被告に対して訴訟を起こしただろう。コーエンは失踪後無罪となった。この事件の時、彼は事件に彼らを巻き込むことによって政治的な工作で警察署を汚そうとしていたが、その試みは失敗に終わった。

コーエンの弁護士サミュエル・ランメルは、1950年12月11日にロサンゼルスの自宅前で散弾銃で殺害された。彼は何年もコーエンの弁護士だったが、彼らが殺害される前に数ヶ月間意見の相違があったことが知られていた。ロサンゼルスの513モリノドライブにあるコーエンの自宅は、1950年2月6日に爆撃を受けました。周辺の住民は、公安上の理由からコーエンを立ち退かせることを市議会に請願した。

ロサンゼルス警察は、コーエンの人生の物語は、彼のケースに対する国民の関心の大きな量を示す、1949年にロサンゼルスデイリーニュースによって連続形式で実行されたと報告しています。彼の組織犯罪との関係は長年明らかだった。彼の連絡先、そしておそらく裏社会の彼の上司には、ニューヨークのフランク・コステロ、アクロンのアンソニー・ミラノ、マフィアのメンバー、ロサンゼルスのジャック・ドラグナ、西海岸のマフィアチーフ、そして同様の背景を持つ多くの人が含まれます。彼のギャングメンバーのリストは、少なくとも一部のメンバーは、検察機関によって提供されました。 

検察当局によると、彼は米国各地で最大のベッティングコミッショナーの多くと賭け取引を処理してきましたが、スニッチとしての評判を得ています。ロサンゼルスでの彼のハーバーダッシェリーは、彼の活動の盲人として運営され、防弾スチールドア、防弾セダン、実際の販売の名目上の量を特色にしました。 

プロの暴力団の記録と繰り返しの暴力行為との親密な関係にもかかわらず、コーエンは困窮した人や原因を助け、友人や親戚に対する寛大さで評判でした。彼は所得税脱税の判決を受けた直後の発表を示す宣伝と立派な生活への渇望に取りつかれていた。彼は映画の主題である彼の人生についての物語を書くことを計画しました。

この時、コーエンはギャンブルやその他の違法な利益から身を引こうとしていた。彼は、これが彼の家族を通じて彼に持ち帰られたと述べました。彼の家族は、伝道者ビリー・グラハムに会ってから最後の2年以内に、彼は宗教に対する誠実な関心を示したと報告しています。

His personality, as summarized by his wife and sister, is one who takes pride in doing the job well, that he would rather take the beating and didn’t want to see another person being hurt in any way. If he witnessed crowd violence or a fight or group activity, he did not make a scene by being different or making an issue but rather keep hands off. He is not quick to report the errors of others. His wife cited that one time she was having dinner with him at a restaurant when the waiter spilled food on a new suit he was wearing. Rather than have the man lose his job, he had the suit cleaned. He was also charitable toward the needy, according to his wife who stated that he sent a considerable sum to Palestine, which church officials asked him to do. The family feels that he is not handicapped because of his lack of education or that Cohen himself feels handicapped because of it but that he studied privately to better himself. They considered his personality winning, that he makes a good salesman and that everybody likes him because he is kind and considerate. He wanted most to be liked by others.

同庁は、彼が彼の側に立って釈放時に彼を助けた家族を持っていたことは彼にとって幸運だったと報告しています。妻は親戚の助けを受け、姉のポーリンと夫が家具を持っていたアパートに帰りました。代理店は、家具は精巧ですが、家庭的な雰囲気を貸すと報告しています。

Cohen’s wife had plans for herself in the sales field and was eager to start work so her husband could carry on after his release. She was interested in him studying while incarcerated and that he should have work assignments involving keeping accounts because he had a great deal to contribute in that field. Possible plans were to include returning to the clothing business or Cohen assisting Billy Graham in his evangelistic work. Mention was made to the agency that Cohen had close ties with his brother Harry, who was planning to move to Chicago. Cohen’s gunshot wound caused him considerable trouble and he was under the care of Doctor Zeiler in Los Angeles, receiving treatment. His arm was occasionally numb due to a nerve injury.

コーエンは家族から励ましの手紙を受け取り、少量のファンメールも受け取りましたが、それは彼の「キャリア」のエキセントリックな性質のために返されました。コーエンは、彼の人生の試みのために恐れていたし、背景に自分自身を維持するために努力しました。彼は他の人の注意を払うと同時に、誰かを怒らせないようにすることにいくつかの困難を抱えていました。 

人生の後 Alcatraz

コーエンは、1963年1月にアトランタの米国連邦刑務所に移送されました。 Alcatraz .アトランタの連邦刑務所での彼の時間の間に、別の受刑者は、コーエンがラジオやテレビの修理の訓練を受けている間にリードパイプでコーエンを殺そうとしました。

1963年8月14日、仲間のバール・エステス・マクドナルドは電子機器修理訓練施設に入り、3フィートの鉄パイプを振り回し、後ろから忍び寄り、疑いのないミッキーを意識不明に陥れた。コーエンは、出血した脳組織から取り除かなければならなかった頭蓋骨断片の破片に起因する重大な頭部外傷を持続した。ミッキーは広範な脳神経外科手術を受け、2週間の昏睡状態の後、医師は後部頭蓋骨領域の壊れた骨片を置き換えるために鋼板を挿入した。

1972年、コーエンはアトランタ連邦刑務所から釈放され、刑務所での虐待に反対する声を上げていた。彼は潰瘍と誤診されていたが、それは胃癌であることが判明した。手術を受けた後、彼はラムジー・クラークと一緒にテレビ出演を含むアメリカツアーを続けました。彼は精神的な赤字を知らずに残忍な攻撃を生き延びたが、彼は彼の人生の残りの部分のために完全に無効になり、孤独の中で彼の最後の年を過ごすだろう。ミッキー・コーエンは1976年に睡眠中に亡くなり、カリフォルニア州カルバーシティのヒルサイド記念公園墓地に収容されています。

"Content Provided by Michael Esslinger - www.alcatrazhistory.com Mickey Cohen at "

 

 

で掲示される 教育Tagged alcatrazhistory, AlcatrazInmates, MickeyCohen, USPAlcatraz