橋が生まれる

アコレードの共有 Alcatraz Island トリップアドバイザーの「米国のトップ10ランドマーク」の一つとして、 Golden Gate 橋は単純に...伝説。

Eighty-six years ago, on January 5, 1933, construction of this iconic San Francisco landmark started when workers began excavating 3.25 million cubic feet of dirt to accommodate the structure’s huge anchorages.

As the Gold Rush introduced the city-by-the-bay to immigrants from around the world, beginning in 1849, speculators soon realized that the land north of San Francisco would become increasingly valuable in proportion to its accessibility to the city.

Soon, a plan was hatched to build a bridge that would span the Golden Gate, a narrow, 400-foot deep strait that serves as the mouth of the San Francisco Bay, connecting the San Francisco Peninsula with the southern end of Marin County.

その考えは1869年までさかのぼったが、その提案は1916年に根付いた。サンフランシスコ・ブレティンでジャーナリストとして働いていた元工学部の学生、ジェームズ・ウィルキンスは、存在する全長のほぼ2倍の3,000フィートのセンタースパンを持つ吊り橋を呼びかけた。ウィルキンスのアイデアは驚き1億ドルの費用がかかると見積もられた。だから、サンフランシスコの都市エンジニア、マイケル・M・オシャウネシー(彼はまた、名前を思いついたと信じ込んでいます) Golden Gate ブリッジ)は、ブリッジエンジニアに、より少ないで行うことができるかどうかを尋ね始めました。

エンジニアで詩人のジョセフ・シュトラウス(5フィートの高さのシンシナティ生まれのシカゴ人)は、できると言いました。

最終的に、O'ShaughnessyとStraussは、少なくとも4,000フィートのメインスパンで2500万ドルから3000万ドルの実用的な範囲内に純粋な吊り橋を建設できると結論付けました。建設計画は、多くの情報源からの訴訟を含む反対に直面した。障害のほとんどがクリアされる頃には、1929年の大恐慌が始まり、資金調達オプションが制限されていたため、当局は有権者に3500万ドルの債務を支持するよう説得した。しかし、サンフランシスコに本拠を置くバンク・オブ・アメリカが地域経済を支援するためにプロジェクト全体を買収することに合意した1932年まで、債券は売却できなかった。

The Golden Gate Bridge officially opened on May 27, 1937, the longest bridge span in the world at the time. The first public crossing had taken place the day before, when 200,000 people walked, ran and even roller skated over the new bridge.

With its tall towers and famous red paint job, the bridge quickly became a famous American landmark, and a symbol of San Francisco. She still stands tall and proud and is one of the Top Ten Modern Wonders of the World.