元受刑者ビル・ベイカーからのメッセージ

[ゲストブロガービルベイカー]

こんにちは

私はウィリアム・ベイカー、元受刑者 Alcatraz .まっすぐ狭いところに戻った今、私は戻って訪問者に話をし、刑務所の年についての質問に答え、サインをし、写真を撮り、島への訪問者と交流します。歴史が私をロックスターにしたのなら仕しようがない。私は本を書いた。 Alcatraz 1259年、私は週に3、4日島に署名し、促進します。
いろいろな質問に答える一方で、一番よく聞かれるのは「時間を過ごした刑務所に戻ってくるのはおかしいのではないか」ということです。

ビル・ベイカー 23歳
ビル・ベイカー 23歳

My short answer to that is “Yes but they made me an offer I couldn’t refuse.” And, with a grin I add “So I’m very happy.” And they nod and laugh and go on the next question.

私の短い答えは正直で真実であり、まったく欺かれるつもりはない。長い答えはより複雑であり、 Alcatraz 囚人。ほら、私たちのほとんどは他の刑務所からここに来て、 Alcatraz ルールを破る、深刻なルールのために。
私は他の刑務所から逃げ出していたのでここに来ました。それは彼らの目の中で、すべての中で最も深刻なルールです。殺人よりも深刻だだから、私たちは、私たちが行く前に、頭の固い囚人の束だった Alcatraz .私たちはすでに何度も穴の中にいた、多くのルールを破った。私たちはここに来る前からこの種の生活に慣れていた。だから、私たちはこの場所を扱うことができました。

ビル・ベイカーのブログ記事のためのブロードウェイ
ブロードウェイ オン Alcatraz

I’m not saying Alcatraz was a good place. I’m just saying we were some bad boys. We could handle it and we did. We walked the yard laughing and playing, talking about robbing banks when we got out; we bet on ball games; played cards; played ball; and made a little home brew once in a while and got drunk.
We lived here.
It wasn’t much of a life. We were locked up in a six by nine cell most of the time. We hurt. And you can rest assured that we were properly punished. But, we dealt with it. And we survived. For wherever there is life, the human spirit will always prevail.
I didn’t leave Alcatraz with scars or nightmares. So, I didn’t bring any back with me when I returned later in life.
The question was “Isn’t it strange coming back here after having served time here,” which means “Doesn’t it bother you to come back after what you went through?”
So, the long answer is also honest and true, but it’s long, and I am tempted to add “And, no, it doesn’t bother me. The wardens are all dead, I survived, so this is my turf now.”

—ウィリアム・G・ベイカー AZ-1259

カテゴリー: 教育, 歴史