彼の人生の乗り物

多くの人にとって仕事の後の人生がある Alcatraz Cruises ' 従業員。
デッキハンドのケイリー・クライツにとっては、サンフランシスコからロサンゼルス(www.aidslifecycle.org)までのエイズ/ライフサイクルライドのために2,000人以上の他のサイクリストに参加し、「彼の人生の乗り物」を訓練し、乗り出しました。

彼の最初の組織化されたサイクリングライドの一環として、ケイリーの主要なスポンサーは Alcatraz Cruises ホーンブロワークルーズ&イベントだけでなく、友人や家族、サンフランシスコエイズ財団とロサンゼルスLGBTセンターが提供する救命サービスのために集められた1,500万ドルに貢献した約4,000ドルを考え出すのを助けたすべての人。

この努力に対するケイリーの動機は、好奇心と彼のサイクリング仲間の一人の励ましでした。彼は旅の前にAIDについてあまり知らなかったと認めているが、ケイリーは他の多くのライダーやボランティアが共有する物語に触発された。「家族、恋人、親しい友人の試練や苦難を生き延びた多くの愛する人たちに対するAIDとその影響について学ぶ機会がありました」と彼は言う。「私はこの醜い病気の影響を受けて命を捧げた人々に畏敬の念を抱き、愛する人たちを愛する人たちを愛する症状を通して支えています」と続けます。

During the seven-day, 545-mile bike ride from San Francisco to Los Angeles, Cary encountered many inspiring stories but was also saddened by the impact AIDs still has on approximately 37 million people throughout the world living with HIV.

エイズ/ライフサイクルチャレンジは、ロサンゼルスLGBTセンターとサンフランシスコエイズ財団のHIVおよびエイズサービスに対する資金と認知度を高めます。2017年はエイズ/ライフサイクルで15年目、イベント全体で23年目を迎えます。6月4日から10日の週に、何千人ものサイクリストとボランティアの道路が一緒になって、人生を変える素晴らしい何かをしました。

Alcatraz Cruises is the National Park Service concessioner of ferry service to Alcatraz Island, hosting nearly 1.5 million visitors a year. For more information, visit www.alcatrazcruises.com

 

HIV/エイズの事実と数字の場所ホルダー

サンフランシスコで...

  • 推定15,995人がHIVに感染しており、サンフランシスコは米国で一人当たり最大のHIV陽性人口の1つです。
  • Of the total number of San Franciscans living with HIV, 9,454 were living with AIDS at the end of 2015.  AIDS is a late stage of HIV disease defined by a low count of CD4 cells.
  • あらゆる年齢や民族のゲイとバイセクシュアルの男性が病気の矢面に立ち続けています:サンフランシスコでHIVに住んでいる人々の90%近くがゲイまたはバイセクシュアルの男性であり、新しいHIV診断の82%がゲイとバイセクシュアルの男性の間にあります。
  • More than a quarter of people living with HIV in San Francisco have not achieved viral suppression, a level of the virus so low that it is undetectable and nearly impossible to transmit.  More than one-third are not retained in care.
  • African-Americans are disproportionately represented among new HIV infections: 17% of new diagnoses were among African-Americans in 2015, while only 6.7% of San Francisco’s population is African-American.
  • すべての新しいHIV診断の中で、トランスジェンダーの人々は新しい症例のほぼ3%を占め、トランスジェンダーの人々の新しい診断の40%は18〜29歳の人々に起こった。
  • ラテン系コミュニティは、すべての新しい診断の26%を占めています。
  • エイズ関連の原因による死亡は、効果的な治療と付着の結果として劇的に減少している。 2015年には、サンフランシスコでエイズ関連の原因で197人が死亡しました。 流行の始まり以来、市は病気に20,987人を失いました。 1992年のピーク時には、市は2,331人を失いました。

ロサンゼルスで...

  • More than 59,600 people are living with HIV in Los Angeles County, of which 12% of them don’t even know they are HIV positive.  A majority of the people living with HIV in the county are male (87%) and/or Latino (41%).
  • 新しい感染症の85%はゲイとバイセクシュアルの男性の間で診断された。
  • 新しい感染症の61%は20〜39歳の間で診断された。
  • アフリカ系アメリカ人のゲイとバイセクシュアルの男性は、白人のゲイやバイセクシュアルの男性と比較して、HIVに対して陽性反応を示す可能性が約3倍高い。
  • ロサンゼルスのハリウッド・ウィルシャー地区は、ウェスト・ハリウッド市を含み、郡内でHIVに感染した人々の割合が最も高い。

カリフォルニアで...

  • カリフォルニア州では12万人以上がHIVに感染しています。
  • 2010年から、カリフォルニア州では毎年約5,000人がHIVと診断されています。
  • 75% of all HIV/AIDS cases occur among gay or bisexual men. However, since 2010, there has been a steady increase in the number of HIV diagnoses among transgender people.
  • アフリカ系アメリカ人は、カリフォルニア州でHIVやエイズで生活している人の約18%を占めています。
  • ラテン系は34%近くを占め、2010年以降の成長率は高い。
  • HIVに感染しているカリフォルニア人の約3分の2がロサンゼルス郡またはサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいます。

アメリカでは...

  • 120万人以上の人々がHIVと一緒に暮らしています。
  • HIVに感染した人のほぼ8人に1人が自分の状態を認識していない。ゲイとバイセクシュアルの男性は全体的にすべての新しいHIV感染の大半を占めていますが、アフリカ系アメリカ人のゲイ男性は不均衡な影響を受けており、現在の診断率が続けば、アフリカ系アメリカ人のゲイ男性の2人に1人が生涯でHIVに感染する危険性があります。
  • アフリカ系アメリカ人は米国の全人口の12%に過ぎないが、2015年には全国で新しいHIV感染の推定45%を占めている。アフリカ系アメリカ人はまた、米国でHIVに感染しているすべての人の40%、エイズ関連の死亡の53%を占めています。
  • By race, African-Americans face the most severe burden of HIV and represent the majority of new AIDS diagnoses, new HIV infections, people living with HIV, and AIDS-related deaths.

世界で...

  • 約3,700万人がHIVに感染しています。
  • 流行が始まって以来、約7,800万人がHIVに感染し、2015年には110万人を含む約3,500万人がエイズ関連の原因で死亡しています。
  • 新しいHIV感染者の数は、2009年の250万人から2015年には210万人に減少した。
  • 新しいHIV感染の7%は15歳未満の人に生じる。
  • アフリカは2015年に世界のエイズによる死亡者の72%を占めた。
  • HIV患者の約49%が2016年6月に抗レトロウイルス療法を受け、約1,800万人が治療を受けました。