許可されているサービス動物の種類を確認する National Park Service

定義とポリシー
U.S. Department of Justice
Civil Rights Division
Disability Rights Section

American’s With Disabilities Act
2010 Revised Requirements

The Department of Justice published revised final regulations implementing the Americans with Disabilities Act (ADA) for title II (State and local government services) and title III (public accommodations and commercial facilities) on September 15, 2010, in the Federal Register. These requirements, or rules, clarify and refine issues that have arisen over the past 20 years and contain new, and updated, requirements, including the 2010 Standards for Accessible Design (2010 Standards).
Service Animals Overview
This publication provides guidance on the term “service animal” and the service animal provisions in the Department’s revised regulations.

  • 2011年3月15日より、ADAのタイトルIIとIIIの下で、犬のみがサービス動物として認識されます。
  • サービス動物とは、障害を持つ人のために仕事をしたり、タスクを実行したりするために個別に訓練された犬です。
  • 一般に、タイトルIIとタイトルIIIエンティティは、一般のメンバーが行くことが許可されているすべての地域で、障害を持つ人々に同行するサービス動物を許可する必要があります。

How “Service Animal” Is Defined
Service animals are defined as dogs that are individually trained to do work or perform tasks for people with disabilities. Examples of such work or tasks include guiding people who are blind, alerting people who are deaf, pulling a wheelchair, alerting and protecting a person who is having a seizure, reminding a person with mental illness to take prescribed medications, calming a person with Post Traumatic Stress Disorder (PTSD) during an anxiety attack, or performing other duties. Service animals are working animals, not pets. The work or task a dog has been trained to provide must be directly related to the person’s disability. Dogs whose sole function is to provide comfort or emotional support do not qualify as service animals under the ADA.

この定義は、公正住宅法に基づく「援助動物」の広範な定義や、航空会社アクセス法に基づく「サービス動物」の広範な定義に影響を与えたり、制限したりするものではありません。

一部の州および地方の法律では、ADAよりも広くサービス動物を定義しています。そのような法律に関する情報は、その州の司法長官のオフィスから入手することができます。

ADAの下では、一般に、公衆に奉仕する州政府や地方自治体、企業、非営利団体は、通常、一般市民が行くことが許可されている施設のすべての地域で、サービス動物が障害者に同行することを許可する必要があります。たとえば、病院では、病室、診療所、カフェテリア、診察室などの場所からサービス動物を除外することは不適切です。ただし、動物の存在が滅菌環境を損なう可能性がある手術室や燃焼ユニットからサービス動物を除外することが適切な場合があります。

ADAの下では、これらのデバイスがサービス動物の仕事に干渉したり、個人の障害がこれらのデバイスの使用を妨げない限り、サービス動物を利用、リーシュ、またはテザリングする必要があります。その場合、個人は、音声、信号、またはその他の効果的な制御を介して動物の制御を維持する必要があります。

動物がどのようなサービスを提供するかが明らかでない場合は、限られた問い合わせのみが許可されます。スタッフは、(1)障害のために必要なサービス動物である犬であり、(2)犬が実行するように訓練された仕事やタスクの2つの質問をすることがあります。スタッフは、障害者について尋ねたり、医療書類を必要としたり、犬の特別な身分証明書や訓練書類を必要としたり、犬が仕事や作業を行う能力を実証するよう求めたりすることはできません。

  • アレルギーや犬の恐怖は、サービス動物を使用する人々へのアクセスを拒否したり、サービスを拒否する正当な理由ではありません。犬のけがにアレルギーのある人や、サービス動物を利用する人が、学校の教室やホームレスの避難所など、同じ部屋や施設で時間を過ごす必要がある場合は、可能であれば両方を割り当てて収容する必要があります。、部屋内の異なる場所、または施設内の異なる部屋に。
  • 障害を持つ人は、(1)犬が制御不能で、ハンドラーがそれを制御するための効果的な行動を取らないか、または(2)犬が家に壊れていない場合を除き、施設から彼のサービス動物を取り除くように求めることはできません。サービス動物の除去を求める正当な理由がある場合、スタッフは、障害を持つ人に動物の存在なしに商品やサービスを得る機会を提供しなければなりません。

Where Service Animals Are Allowed
Inquiries, Exclusions, Charges, and Other Specific Rules Related to Service Animals
Revised ADA Requirements: Service Animals

食品を販売または準備する施設は、州または地方の健康法が敷地内の動物を禁止している場合でも、公共エリアでのサービス動物を許可する必要があります。

  • サービス動物を使用する障害を持つ人々は、他の常連客から隔離したり、他の常連客よりも好意的に扱われたり、動物なしで他の常連客に請求されない料金を請求したりすることはできません。また、ペットを飼っているお客様がデポジットまたは手数料を支払う必要がある場合は、サービス動物の料金を免除する必要があります。
  • ホテルなどのビジネスが通常、お客様に損害賠償を請求する場合、障害を持つお客様は、本人またはサービス動物によって引き起こされた損害に対して請求される場合があります。
  • スタッフは、サービス動物のケアや食べ物を提供する必要はありません。

Miniature Horses
In addition to the provisions about service dogs, the Department’s revised ADA regulations have a new, separate provision about miniature horses that have been individually trained to do work or perform tasks for people with disabilities. (Miniature horses generally range in height from 24 inches to 34 inches measured to the shoulders and generally weigh between 70 and 100 pounds.) Entities covered by the ADA must modify their policies to permit miniature horses where reasonable. The regulations set out four assessment factors to assist entities in determining whether miniature horses can be accommodated in their facility. The assessment factors are (1) whether the miniature horse is housebroken; (2) whether the miniature horse is under the owner’s control; (3) whether the facility can accommodate the miniature horse’s type, size, and weight; and (4) whether the miniature horse’s presence will not compromise legitimate safety requirements necessary for safe operation of the facility.

ADA Information Line:

800.514.0301 (Voice) and 800.514.0383 (TTY)
24 hours a day to order publications by mail.
M-W, F 9:30AM – 5:30PM, Th 12:30PM – 5:30PM (Eastern Time) to speak with an ADA Specialist. All calls are confidential with the U.S. Department of Justice

For more information about the ADA, please visit ADA Service Animals or call the toll-free number. To receive e-mail notifications when new ADA information is available, visit the ADA website’s home page and click the link near the top of the middle column.